私、認知症になっちゃったの

LINEで送る
[`evernote` not found]

久しぶりに髪をバッサリ切ってお客様には若くなったね~と言ってもらったり

施設の88歳のご婦人には「あなたは私より30歳位下でしょう!」あれれ?人生の先輩は正解⭕しかないので松山空港通センター玉井58歳。まだまだきれいやで頑張ろうと思います宜しくお願いします!!

このご婦人は足が不自由でいつ行っても部屋の定位置でテレビを眺めながら私に「そこにパンあるけん焼いて食べ~」何だか田舎のばあちゃんを思い出す居心地のいい場所です

ある日カットにお伺いしました、この日は少し様子が違ってました「早く切ってあげて~」何とか座ってカット、「あのね…私認知症になっちゃったの」何と可愛い!

他の方のカットが終わり帰りにもう一度お部屋に寄ってみると、全く違うお部屋に模様替えされてました…施設の方が良かれと、ベッドからトイレが近く、テレビもベッドから見易いようにと…

レビー小体型認知症(認知症患者さんの中でおよそ20%位で繰り返し出現する幻視、人や子供が見える事が多い)のご婦人は部屋に戻ると「子供がいっぱいいる…」幻視を感じ、ドンドン症状が悪化してしまい…

すぐに部屋を元通りに戻し落ち着きました。本当にあるんですね、やっぱり環境って大事なんですね

ホッと一安心。

施設の方にも脱帽です2時間程で二度の汗だくご苦労様です。生きるという事、見て感じさせてもらいました

うちの愛犬も13歳、昨年から認知犬に昇格しました~吠えた事がなかったんですけど、ここ1年程吠えます…ワンコの認知を遅らす薬はないんでしょうか?「私、認知症になっちゃった~」毎日言ってるようにも思えます

認知症になっても生きて下さい

松山空港通センター玉井58歳まだまだ頑張ります先輩がいる限り。

LINEで送る
[`evernote` not found]

梅雨時期のおすすめ訪問メニュー

LINEで送る
[`evernote` not found]

滋賀県もうっとしいお天気になってきました。

滋賀中央センターの久保です。

 

さて、訪問理美容のメニューといって思いつくのは

カットでしょうか。

一番多い依頼はカットですが滋賀中央センターの場合、

カラーやパーマも意外と多いんです。

いくつになってもどんな時でも綺麗にしたい定義は人それぞれ違います。

ご希望があれば、サロンで施術してるメニューはすべて訪問でもできます。

 

たとえば梅雨時期は縮毛矯正もおすすめです。

美容室じゃないとできないと思ってませんか?

特に産前産後のママさんで癖毛の方、年に数回縮毛矯正してたのに、

体調や、子育てであきらめてるママさん。

 

ママでも、美容室に行けない状況であれば訪問美容たのんで大丈夫なんですよ。

縮毛矯正は時間かかりますので

 

子供さんをそばで見ながらとか、安心して綺麗になっていただけると思います。

他のメニューでトリートメントなども訪問美容で可能ですので。

うっとおしい梅雨を綺麗になって

楽しんじゃいましょう~

訪問美容でカットしかできないと思ってる方が多いと思いますが、

気になるメニューがあれば、

お近くのきれいや総研のセンターに問い合わせしてみてください。

各センターでメニューは違いますが快く相談には乗ってくれますので。

あと、意外と人気があるメニューは女性のお顔そりです。

簡単ではありますがマッサージもしてお顔がパッと明るくなります。

サイドメニュー的な感じで頼んでみてくださいね(笑)

LINEで送る
[`evernote` not found]

看護師さんから学んだ事

LINEで送る
[`evernote` not found]

兵庫三田センター清本です。

きれいや総研三田センターでは、施設様の中で、看護師さんがつなげてくださったのですが、美容のメニューの他に巻き爪矯正や、爪のケアを定期的に契約してくださっているところがあります。

先日看護師さんからのご依頼もあり、ターミナルケアの利用者様のネイルをしてくれませんか?とのご依頼を頂きました。

カットのご依頼は福祉訪問美容では、あると思いますが、ターミナルケアの方のネイルのご依頼は初めてでした。

とにかくきれいにしてあげてください。

人生で最後のネイルになるかもしれない。

悔いのない仕事をしようと、依頼を受けられる最短でお伺いしました。

薬の調整もあり、その時間は朝の状態からしたら、びっくりするくらい穏やかで、お話もしてくださいました。本当にターミナルの方?疑うくらい。

この日をとても楽しみにしてくださっていたご様子。

私が出来る技術の最高の仕事をしようと。

終わった時、その方は泣いてくださいました。

あなたに会えて良かった。ありがとうありがとう。

手を握り、その手はとても温かいものでした。

その後看護師さんとお話する機会がありまして、とても印象的な言葉を頂きました。

その方が、最期まで命を燃やしておられる。その人らしく、皆違う燃やし方で生きておられると。

私達の仕事は看護師さんや、介護士さんのお仕事の様にその方にずっと寄り添うことは出来ないですが、

依頼を受け、その時は命の炎を温かいものにするお手伝いはできると信じています。

私は、毎日自分の過ごし方はこれでいいのか、日々自問自答していますが、毎日を悔いのない様に生き、仕事に対しても、私生活でも、あの時こうしたらよかったなと思う事のないよう、しっかり命の炎を燃やしていきたいと思います。

先日新しい施設様から、契約をしていただく所まで行きました。きれいやさん新しい風を入れてください。ありがたいです!風にもなれる三田センターでありたいと思います!

LINEで送る
[`evernote` not found]