入所のお客様もひとくくりにしません

LINEで送る
[`evernote` not found]

私は東近江センターと言っても一人で活動しているので

訪問はほぼ在宅のご依頼です。

それでも何件かグループホームさんレベルの施設にも行きます。

 

一般的にグループホームというと認知症の症状のある方が入られています。

ほとんどお話にならない方から、一見何の問題もなさそうな方まで

色んな方がおられます。

お話の出来る方とはなるべく会話しながら仕事をしますが

繰り返し同じことをしゃべられることが多く。

でも

「さっき聞きましたよ~」

なんて決して言いません(^-^;

適当に聞いているようであって、

「繰り返しは強調の証」だと思って聞いています。

 

繰り返される話は、その方が輝いていた時であったり

実家にいた子供時代のこと、

心配だったこと、もやもやしながら決断したことなどなど。

 

その方が何に一番執着しているかが分かります。

結構面白いです。

 

このようなお話は、家族はもちろん毎日顔を合わす職員さんでは

聞いてもらえないのではないでしょうか。

まれに天使のように聞ける人もいるかもしれませんが、

たまに会う美容師だから面白く聞けるんだと思います。

 

加齢によって扱いづらくなった髪質、毛量も少なくなり、

直りそうもない寝癖がついていたりと

高齢の方のカットはなかなかに難しいです。

それを限られた時間で驚くようなつやつやの髪に変化させることはできませんが

普通にさっぱりご希望通りに切れ、

喋ったことでスッキした気持ちになってもらえたなぁと思えたときは

福祉訪問理美容師冥利に尽きます。

 

 

ひとつ困るのが、

ご本人さんは喋りたくて話しているのに声が小さくて聞こえない時。

とても大切な情報を逃していると思うと残念です。

 

それと方言が強くて聞き取れない時。

これは面白いですが(#^^#)

 

小さな声も聞き取れるようにスキルアップしたいです。

 

 

 

 

 

 

 

LINEで送る
[`evernote` not found]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*