私の座右の銘

LINEで送る
[`evernote` not found]

平成最後の秋の台風ラッシュもうそろそろ

終わって欲しいですね(*_*)

鹿児島北薩センターのヒロイシです。

今回は、私の父の座右の銘であり、私の座右

の銘でもある言葉を紹介します。

この言葉は、私をいくつもの困難を救った

言葉です。

人間万事塞翁が馬

じんかん ばんじ さいおうがうま

昔、中国の北の方の国境に城塞があり、

そこには占いが上手な老人が住んでいました

。ある時その老人の馬が逃げ出してしまいま

した。北の地方の馬は良い馬が多く、高く

売れるので逃げ出したことを知った近所の

人々は気の毒がって老人を慰めました。

ところが老人は

「この事が幸運を呼び込むかもしれないよ」

といいました。

それから暫くして逃げ出した馬が戻ってきま

した。しかも、良い馬を沢山連れて戻ってき

たのです。

近所の人々は、喜びましたが老人は、

「この事が禍 (わざわい)になるかもしれない

よ」と言うのです。暫くすると、老人の息子

がその馬から落ちて足の骨を折ってしまいま

した。近所の人がお見舞いに行くと老人は、

「この事が幸福になるかもしれないよ」と

いいました。城塞の近くの若者はみんな

戦いに行き、戦争が終わる頃にはその多くは

命を落としていました。

しかし、老人の息子は足を骨折していたので

戦争に行かずに済みました。

この話、一見不幸な事に思えるが、その事は

幸福につながっていたり、また、その逆も

あると言う事ですね。

42年間何とか生きているのは、この言葉に

支えてきてもらったお陰でもあるのです。

良い事  悪いこと 楽しい事 辛い事、、、、、

色々な人に支えてもらって生かしてもらって

いる。

「人間万事塞翁が馬」

じんかんばんじさいおうがうま

悪いことが起こった時は、励ましてくれ

良い事がある時は、自ら戒めるように

使ってます(^_^)

困った時は皆様も是非思い出してみてくださ

い^ ^

明日は、4歳の娘の運動会です(^_^)

どうか、雨降らないでくださいねm(__)m

 

 

 

 

 

LINEで送る
[`evernote` not found]

利用者さまとのふれあい

LINEで送る
[`evernote` not found]

私達は一施設だいたい月に一度か二度の訪問です。
毎月利用される方ばかりではないので何年通っても顔を覚えてもらえないのも当たり前にあります。
Aさんとの出会いは3年くらい。
前は月に一度利用して頂いてました。
オシャレが好きなチャキチャキした方で、部屋に呼びに行くと『おー待ってたよー』といつも明るくこたえてくれます。
そのAさんも、月に一度の利用が二ヶ月に一度になり、最近は3〜4ヶ月に一度程の利用になっています。
体もだいぶ細くなって『ご飯もあまり食べてない』と話しています。
いつも明るく元気な方なので利用期間があくと心配になってしまいますが、今も変わらず『おー待ってたよー』と喜んでくれて、
『綺麗にしてもらうと元気になるわ』と言ってくれるAさんに励まされます。

いくつになっても綺麗にしていたい気持ちは尊敬です。

自分もそうでありたいと思います。

LINEで送る
[`evernote` not found]

あの日の想ひ出

LINEで送る
[`evernote` not found]

先日ある福祉施設さんでレクレーションに参加させて頂いたのですが、思いのほか盛り上がったので御紹介♪

【あの頃私は…】

少し大きめのカードに「話題のネタの書かれたカード」を10枚程作り、それを利用者さんに引いて頂く。そしてそのカードに書かれた話題について話して頂くという、ものすごくシンプルなゲーム。

もちろん、ちゃんと話せない利用者さんに対しては、簡単なインタビューで切り上げて合の手を入れたり、話の長引く利用者さんにはキリの良い所で上手く話しをまとめたりと、職員さんやボランティアさんには司会や盛り上げ役のサポートとして参加して頂きます。

「話題ネタ カード」の例としては…
・私の故郷
・子供の頃食べたおやつ
・私の好きな食べ物(故郷の名産)
・初恋の思い出
・子供の頃の遊び
・祝言(お嫁入り・結婚)
・テレビや電子レンジ等の家電製品が始めて来た日
・東京オリンピックの思い出
・大阪万博の思い出
・その他季節により、お正月やお彼岸等の思い出

などなど。あとは参加される利用者さんにあわせて、楽しい思い出を皆さんで話し合えるように参加される状況でアレンジして頂ければと思います。

ちなみに、この時に1番盛り上がったのは「子供の頃のおやつ」でしたが、参加された高校生のボランティアさんへのアンケートで1番楽しかったカードは「テレビが始めて来た日」だったりと、世代を越えたコミュニケーションも取れて一石二鳥。

シンプルながら、いままで知らなかった利用者さんの一面を発見できたり、意外な人が意外な経験をされていたりと楽しんで頂けるレクレーションですのでボランティアさんも交えて一度お試し頂ければ♪

何はともあれ行事の多くなる秋ですが、運動・読書・芸術・食欲の秋が、暴飲暴食の秋にならないよう気をつけたいものです(^^;

おしまい。

LINEで送る
[`evernote` not found]