永遠のアイドル

LINEで送る
[`evernote` not found]

最近蒸し暑い日が続いてるので、もうすぐ梅雨がくるのでしょうね❗️
今回は滋賀たかしまセンターが担当します。

今日は在宅のお客様のお家に二軒行かせて頂きました。
まだ真夏まではいってないのに、かなり汗だくの私でした💦

二軒目のお客様は、新規のお客様で、家に美容師さん

が来られてたみたいですが、身体の調子を悪くされたみたいで、今回御依頼を頂きました。

92歳のお客様、「足だけ悪いだけで、あとは元気やし、長生きさせてもらってるんやあ」と笑顔で言って
おられました。

長生き…と言うと昨日に、西城秀樹さんが亡くなられたというとでも悲しい報道がありましたね。
63歳というお若い年齢で…
実は昔、大阪の専門学校に行ってるとき、道でスタッフの方と歩いておられるのを見かけた事がありました。

その時もかなりパワフルなオーラを感じましたが

今までに、二度脳梗塞を起こされ、身体に麻痺が残り、リハビリを何度も何度もされて、「ありのままの自分を見てもらいたい」という強いお気持で、手術後もステージにたっておられたという事に、感動しました‼️
出番ぎりぎりまで、グーパーグーパーの手の運動をされてたそうです。
本当にヤングマンの歌のような強い方だったんだなあと思いました。
西城秀樹さんから元気なパワーをもらった方は
たくさんいらっしゃると思います✨

私も昔、街でお会い出来た事を宝物にし、ありのままの自分にも誇りを持って頑張ります‼️

LINEで送る
[`evernote` not found]

母一年目

LINEで送る
[`evernote` not found]

こんにちは!本日は湖北センターの田川がお届けします(o^^o)

先日の母の日、皆さまはどう過ごされましたか?私は、妹と一緒に母を誘い母の日のランチに出かけました。いつも以上にお店が混んでいて、お目当てにしていた創作とんかつ屋さんはいっぱいで断念することに。

とんかつ屋さんよりは空いているだろうと、パスタ屋さんに行きました。いつもなら待たずに入れるパスタ屋ですが、やはりこの日はいっぱいでした。が、せっかくの母の日なので美味しいものをと少し待つことにしました。

店内に案内されてメニューを決め食事をしながら周りをみると、お母さんと息子さんだったり、娘さんだったり、皆んな嬉しそうに食事をしています。みんな母の日だからお母さんにご馳走して感謝を伝えてるんだなぁ、それでお店がどこもいっぱいって幸せな事だなぁとしみじみと感じました。

いつもは土日の母の日は、私は仕事でプレゼントを渡して終わりな事が多かったので、ゆっくり話ながら過ごす母の日が新鮮でした。

夜には、旦那さんと息子から綺麗なカーネーションをいただきました。はじめてもらうカーネーション!そうだ、自分も母になったんだと改めて実感しました。はじめてしてもらう母の日とても嬉しかったです(´∀`)♪

母一年目の自分が親になってはじめて分かるお母さんの偉大さを実感している今。より一層感謝の思いが込み上げた母の日でした。

 

 

 

 

LINEで送る
[`evernote` not found]

20年の付き合い でも…

LINEで送る
[`evernote` not found]

今日は松山空港通センター玉井が担当します仲良し姉妹さん私が出会った時は50代あれから20年、必ず2ヵ月に一度姉妹で仲良くサロンに来て下さいます。

先週の金曜日の事です、いつもは妹さんから予約のお電話を頂きます。この日は違ってました、20年間で初めてお姉さんから「急でごめんなさい…急ぎなんだけど、予約入る?」只ならぬ事に感じ、『すぐ来て待ってて!』

初めて、ご主人の車で来店…『あれ?妹さんは?』「入院してるの…」2ヵ月前は元気いっぱいで林家パー子さんのような笑い袋そのものの方が入院?

お姉さんの青白い表情を見てるだけでも、深く聞けず…

私は言いました。『何かあったら、お家でも、病院でもパーマもカットも出来るけんね、いつでも飛んで行くよ、言うてね今までお世話になってるんやけん!本当に言うてね』

「…そうなれば いいんやけど…。」

ご主人にも『私こんな活動してます(きれいやパンフレットを差し出し)何処でも、どんな状態でも当たり前にカットに行きます。どうかお願いします、今までお世話になってるので使って下さい。飛んで行きますから…』

「もう…帰ってこれんな…」

お姉さんが御手洗い行かれてる間に今の状態を聞き「もう意識がないんよ…」

20年間のお礼をしたい…お礼を言いたい…『病院にカット行けませんか?伸びてると思うんです』「管がいっぱいついてるからね…」『それでも大丈夫です………。』「…。」

20年間2ヵ月に一度お会いしてた方です。すぐにでも飛んで行きたいんです…しかし

私は親族でもない友達でもない…美容師です

急な事で、ご家族皆さんが今の状況を受け入れるのが難しい状況の中…これ以上は…

福祉美容師としてきれいを提供し

人としてありがとうございましたを言える時をグッと堪えて待ちます

LINEで送る
[`evernote` not found]