きれいや総研三田センターの強みとは

LINEで送る
[`evernote` not found]

きれいや総研兵庫三田センター清本です。

最近、三田市にも訪問理美容が増えてきました。

これは、世間が必要とされる時代に更になっている結果だと思います。

その中で、私の強みって何だろう。

私は三田市でどんな仕事をしていきたいのか。

真剣に考えました。中々言葉がまとまらずですが、

先ず私の経歴から、少し書いてみようと思います。

高校まで地元の高校へ通い、

大学に通い、その中で海外の大学提携大学に短期留学し、ニュージーランドで、半年を過ごしました。その中で福祉施設などの見学もあり、日本と海外の違いも見学する事が出来ました。

(現在、海外の方にも対応出来るようにしております。)

大学在学中に、医療事務の専門学校へダブルスクールをし、学び、卒業後は地元の市民病院へ就職し、

外科、整形、産婦人科、眼科、脳外科、の受付、診療報酬明細書のレセプト、会計処理、カルテ管理、などをしました。

病院では、お医者様や看護師さんの間近で仕事をしている環境のなか、患者様の病気を治すのはもちろんのこと、それ以上に心のケア、安心、信頼などが大切なんだと感じる事が出来る期間となりました。

その中で、私は私にしか出来ない、私に、と言ってもらえる仕事をしたいと思い、ネイリストの道に転身しました。しかし、私の中で全く別物とは考えていませんでした。

ネイルは爪の上に色を塗ったり絵を描くだけではありません。根本的に爪の悩みを抱えている方のケアもしたいと思いました。医療では、血が出たり、膿んだり、爪の著しい損傷は医療しか出来ない事ですが、それまでの予防や、悩みにはケアで対応できると思います。

実際巻き爪矯正は、登録技術者としてさせていただいておりますが、巻き爪矯正をさせていただき14年を超えましたが、沢山の方のお爪の悩みがありました。

ネイリストとして、14年を過ぎた頃、

きれいや総研理事長とのご縁があり、日本の福祉理美容の神様的存在に、無謀にも飛び込みお願いし、

弟子入りさせていただき、

夜間美容専門学校に通い3年間勉強をし、

美容師の免許を取得しました。

人間何歳でも、遅くはないと勇気が出ました。

私は福祉理美容の世界で、美容師として、ネイリストとして巻き爪矯正も出来、そして沢山の違う職種の経験をしたからこそ、違う目線で物をみる事の出来る福祉美容師になりたいと思います。

高齢者の方のお爪の悩みも訪問理美容と同時にケアしていき、最終的には、トータルサービスの行き届いた福祉訪問理美容を提供出来るのが、きれいや総研三田センター。三田の訪問美容なら、きれいやさん やな!

と言われるよう頑張りたいです( ´ ▽ ` )

強みを生かした勉強、努力を来年1年間更に飛躍していきたいと思います!

LINEで送る
[`evernote` not found]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*