『介護』はよく耳にするけれど。。

LINEで送る
[`evernote` not found]

こんにちは。

東近江の井上です。

 

先日のお客様との会話。

同居していたおばあ様が10年くらいの闘病、介護の末に2年前亡くなられたそうです。

お客様のお母さん(おばあさまの娘)と二人での介護。

 

難病と、お客様曰くそれほどでもない認知症だったそうですが

当時はかなり参っていたと。

 

おばあ様が何年かの説得の後デイサービスに行ってくれるようになったものの

送り出しやお迎えのためにお母さんはお仕事を辞め。

 

認知症の症状なのか、排せつの失敗やそれを隠す行動によりとんでもないことになったり、

何よりお母さんが「昔はしっかりしていた母親」の現状を受け入れられず、強く叱責したりするその声がたまらなくて

仕事から帰宅するのが嫌だったと仰っていました。

 

それから、家を離れている姉妹がたまに帰ってくるけれど自分たちの介護疲れを癒すほどには協力してくれない不満など、

 

お聞きしていると、現状の大変さからくるご自分の中のダークな部分が辛かったんだろうなと感じました。

介護殺人などのニュースを見ても理解できると。

 

介護を受けるようになった方の状態を劇的に改善するのは不可能ですから

家族だけの密閉された空間でお世話をされている場合、心が壊れてしまわないように、自分を責めすぎないように

介護は家族だけがするものだという考えを取り払っていかないと、と思います。

情に厚い、まじめな人ほど心配です。

 

「どうせ相談しても、、。」

と諦めずに

「家族の恥を他人に知られたくない」

なんて思わずに

どんどん「もう無理なんです!」と相談機関や職場や周りの人に言った方がいいです。

特に経験していない者にとっては、最低でも聞くことがなければ想像もできないことです。

 

介護は個々のケースで違いますから本当に難しいとは思いますが、

同じような状況の方達と話す機会があればそれだけでも随分心が軽くなるのでは。

眠れない、エンドレスでやってくる問題などがあると

だれでも心が闇になります。

 

とは言っても渦中にいたら、どんな時が限界なのかわからないのかもしれません。

お客様も今になってやっと冷静に振り返っておられるようでした。

 

これからは医療の発達によって、誰もが介護したり介護されたりする時代ですから

突然来るその時に慌てないように経験者の話を聞き、私も心づもりをしようと思います。

 

 

 

 

 

 

 

LINEで送る
[`evernote` not found]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*