ノーマライゼーション

LINEで送る
[`evernote` not found]

来年  2018年(平成30年)4月に改正される

障害者総合支援法

正式名称   「障害者の日常生活及び社会生活を総合的に支援する為の法律」

これは、障害者や障害児、難病患者が個人としての尊厳をもって日常生活、社会生活を営むことができるように、必要な支援を総合的に行なうことを定めた法律です。

昨年2016年度から施行された、障害を理由としての差別をなくしていく、障害者差別解消法についても以前ブログにかきましたが、

障害者総合支援法では、3年をめどに障害福祉サービスの在り方を見直すこととされています。

障害者総合支援法の基本理念は、

❶ 全ての国民が、障害の有無に関わらず、等しく基本的人権を享有するかげがえのない個人として尊重されるものであることの理念

❷すべての国民が、障害の有無によって分け隔てられることなく、相互に人格と個性を尊重し合いながら共生する社会を実現

❸可能な限り、その身近な場所において必要な支援を受けられること

❹社会参加の機会の確保

❺どこで誰と生活するかについての選択の機会が確保され、地域社会において他の人々と共生することを妨げれないこと

❻社会的障壁の除去

福祉について理解を深める意識があれば、あたり前な事、当たり前が普通になればもっとたくさんの笑顔が生まれます。

チームきれいやは、ふつうにあたり前に”きれい”を提供する為に特別な努力と工夫をしていきます。これからもずっと^_^

北薩センター    ヒロイシでした^_^

 

 

 

LINEで送る
[`evernote` not found]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*