ロボットHAL


梅雨入りしたというのに

暑い日が続きますね。

 

愛知中央センターウチダがお届けいたします。

 

 

医療用ロボット HAL

 

ご存じでしょうか?

 

  1. 混合:Hybrid
  2. 補助:Assistive
  3. 四肢:Limb

 

ロボットスーツで四肢を補助する世界初のサイボーグ型ロボットです。

ロボットスーツは下肢に取り付け、

電極が自力で歩行するために動かそうとしている筋肉の動きを拾って、脚の動きを

補助する装具です。

 

現在は緩徐進行性の神経・筋難病疾患の方対象になっています。

個人差はありますが、

脳血管疾患で手足が動かなかった方が、HAL治療でスムーズに脚を動かせるようになり、

手もHAL以外のリハビリで動かせるようになられた方もおられるそうです。

 

 

先日も在宅で伺ったお客様も体験された様で、

歩いている事が嬉しかった!!

こんなに私、自分で歩けるなんて!!と思ったわ、と言っておられました。

 

まだまだこれからのロボットスーツ

当たり前の様にリハビリで導入されるまでは課題点や問題点もあったりで、

時間が掛かりそうですが、

明るい声を聴きますと、一日も早く導入して頂きたいと願うばかりです。

 

因みに愛知ではまだ数か所の病院しか導入されていないそうです。

そうです、保険も適用されることにもなりました!!

 

いろんな場面でサイボーグロボットを見掛ける事も

遠くはないでしょうね。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*