禁煙生活2年目に突入

LINEで送る
[`evernote` not found]

 昨年の1月13日を最期にこれまでの人生の約半分を共にしてきた喫煙という習慣を辞めてみて今月で1年経ちました。

・まず大前提として。

 これは凄く自分の中で大切にしておきたい事だけど、禁煙をすると決めたのは自分です。だから、法令の定める年齢で喫煙の認められている場所や空間で喫煙されている人を攻めるような事も否定するような事もしません。だって大人が合法的に、自分の判断で自分のお金で喫煙するんだから。

 「禁煙する」という事は「嫌煙家になる」という事じゃない。

 だから、喫煙可能な喫茶店や居酒屋で同席した喫煙する人を、どうこう言うつもりもないし、むしろ吸って下さい。でも、その前に「いや」とは言わないから「吸ってもいい?」の一言は欲しいな。なので愛煙家の人に禁煙を迫るような事もしません。くどいですが、合法的に御自身が下した判断なのだから。

・そもそもナゼ禁煙をしたのか。

 公私ともに大変御世話になっている先輩が入院されたと連絡を受けてお見舞いに行かせて頂いたのが昨年の1月13日。ちょうどお見舞いに行った午前中に「白血病」との診断がくだったそうです。もうホントに、この先輩にはココに書ける事もそうでない事も、色々と教えて頂いていて「御世話になっている」なんて簡単な言葉ですます事のできない恩人です。そんな先輩がお見舞いを終えて病院から帰るときにエレベーターの前でたった一言。

 「おまえも体、大事にせぇよ」

 この一言が禁煙をしたきっかけ。その日の夜に1本吸ったのを最期に、この記事を投稿している現在まで1本も吸ってません。

・で、ブッチャケ何回目の禁煙?

 禁煙外来で皆さんの税金に助けられての禁煙2回と自力禁煙が1回の合計3回の禁煙を今まで経験していて、いずれも最長3ヶ月が過去の最長禁煙記録でした。いま思い返すと、過去3回の禁煙は心のドコかで「そんなんしたって辞められる訳がない。」とか、「男が1度吸うと決めた事を覆すなんて・・・(←コレは実は今も思ってたりします(笑)」って思ってた。

・禁煙をした事で得たもの。

 過去の短い禁煙生活で「タバコ代が節約できても結局コーヒーやお菓子代にお金は消えて行く」という事を学んでいたので、今回は財布にある500円玉を強制的に毎晩貯金箱に入れるいわゆる「つもり貯金」を今現在も継続しています。で、これを3ヶ月に1回あけるんだけど、これがけっこうな金額になる訳で。喫煙している時は周囲から「お金を燃やしてるって事やねんで」と何度いわれても「違う!これは嗜好品!」と、思っていたけれど案外そうだったのかも知れない。でも、これは実際やってみないと気付かないんじゃないかな?なにはともあれ、お陰様で昨年末も無事USJの年間パスを家族分苦労する事なく更新できました。

・禁煙をした事で失ったもの。

 これがね、ぶっちゃけ思い浮かばない・・・。自分が吸わなくったって人の「イップク」に喫煙所へお供する事はできるからね。あっ!だけど、散々今まで禁煙を迫ってきていた家族が禁煙に気付いたのが禁煙を初めて3ヶ月程経ってからだった・・・。これは禁煙を宣言していた訳でもないので何とも言えないけれど、ココは無関心じゃなく、あえて触れないように気遣ってくれていたと信じたい・・・。あと、よく「禁煙したら太る」とか言われていて、実際、過去3回の禁煙で10kg増えた事がありました。だけど今回は+3kg。しかも増えたのは夏を過ぎた秋のあたりだから、これはもう自分の年齢が世間で言う所の中年になった事によるものじゃないだろうか?ちょっと色々と改めます。だから、これは禁煙のせいじゃない。

・最期に今回の禁煙についての雑感とか。

 最初にも書いたけれど自分が禁煙したからって他の喫煙者の人に禁煙を迫ったり強要したりは絶対にしません。くどいけど「禁煙=嫌煙家になる」じゃないから。

 それと、今回痛感した事は「禁煙に終わりはない」って事。「吸わなかった日の連続」であるって事。これ、ダルクとかでも提唱されている考え方で、本当にその通りだと思います。

 そして何より、自分の人生の半分を共にし、辞めたくても辞める事のできなかったタバコを辞めさせたのは、先輩のたった一言であるって事。しかも、その一言に「禁煙」や「喫煙」などタバコを連想させる言葉が入っていなかったって事。

 人が人に与える影響ってやっぱり凄くって、自分はやっぱり人に恵まれてるんだなって再確認しました。そしていつまでも御世話になるばかりじゃなく「オマエも他の人にもっと良い影響を与える時期やで」と先輩に言われているのだと、この1年を振り返ってつくづく実感します。

 そして、この投稿を目にしている人の中で、もし禁煙を考えていたり、実際に禁煙を頑張っている人がおられたら、心からお伝えしたいのは「ムリはしなくって良いよ」って事。ムリして禁煙する事でイライラして、あなたの周りにいる、あなたを大切に想っている、あなたの掛け替えのない大切な人を傷付けないで下さい。それは、とても哀しい事だし何より同時に攻撃したあなた自信も傷付きます。きっと、いまは、あなたにとって禁煙のタイミングじゃないだけさ。大丈夫。タイミングはあなたが望めばやってきます。そう。僕がそうであったように。

と、言う事で長くなりましたが、終盤でも書いたように「禁煙=吸わなかった日の連続」なので、これで禁煙完了なんて言えないので、ちょいちょい節目で継続の報告をしていこうかと想います。

今回はこれにて。

LINEで送る
[`evernote` not found]

しあげ

LINEで送る
[`evernote` not found]

マラソンの季節ですね

愛媛マラソンに挑戦しました  松山の玉井です

「私達も三年かけてゴールしよう」と友達と望みました…1年目 35キロでタイムオーバー

2年目 30キロ……?減った…

3年目 二人共に…膝を壊す

4年目 まだ仕事したいと断念

身体が医学書通りなのが残念だ~嫌だ~~~!!

と叫びたいっ!!

愛媛マラソンも今は大人気で倍率は2倍です

エントリー出来るのは10000人

ボランティアは20000人。沿道にはスタートからゴールまで人、人、人…全ての方が応援してくれます。それは、それは、感激と感動と、申し訳ない気持ちと入り交じってしまいます。37キロ地点に坊っちゃん団子があります。大体それを目安にがんばりますが

たどり着かなかった私は、毎年26キロ地点に坊っちゃん団子持参で、たどり着かないであろう方々に配ってます。ゴールしたかのように喜ばれます。一瞬、最高の笑顔を見せてくれます。

紅葉の次期には毎年恒例の西日本最高峰の石鎚登山、「頂上で何を食べる?」お餅を焼いて食べたり、インスタント珈琲が最高に美味しく、水、トイレの有り難みを感じ、毎年違う景色に感動

「70歳記念に」とお友達と一緒に参加して下さるお客様には脱帽でした頂上で、その方のリュックから出てきたものはミカン10個!皆に配って…2個余り…余るほどの気配りと体力

それは、それは、忘れられない美味しさでした。

たかが、山登り。されど、山登り。

スレ違う方々、頂上で会う方々の温かさを感じながら頑張れました

同じ目標って事ですよね。

同じ目標と同じ経験で仲間になれます。

素敵ですよね!

福祉美容師も同じ、同じ目標で頑張れます。今年も素敵な出会いを求めて、経験と、心の宝をドンドン貯めていきます

その中でそれぞれ個々の仕上げに向かって行ってるのだと思います

70歳記念で私は何をしてるのかな?

膝、腰は大丈夫かな?

私も、素敵な福祉美容師さんにカットして頂けるように仕上げに向けて頑張ります。

今は一人ひとり真剣に出会いたいと思います。

福祉美容師、一人の人間として。

 

 

 

 

LINEで送る
[`evernote` not found]

アレルギー

LINEで送る
[`evernote` not found]

花粉症の時期が近づいてきましたね。

いつもこれからの時期にくしゃみ鼻水があるのと、猫と触れ合うとアレルギー症状があるので花粉症と猫アレルギーだと思ってました。
今までちゃんとしたアレルギー検査をした事がなかったので、内科の先生の勧めで検査をやることに…

一週間後結果を聞きに行ってビックリです。
猫アレルギーはありませんでした!
スギ・ヒノキの花粉はありましたが、後はハウスダストやダニアレルギーです。

『空気清浄機は置いた方がいいですよ』と言われたので、その足で買いに行きました。

色々種類があって見てると悩みますが、フィルターが新しくなった新型モデルの物にしました。

家族もアレルギー持ちなので、これでみんなが快適に過ごせるようになればいいのですが…

花粉症もインフルエンザも早く時期が過ぎてほしいですね。

LINEで送る
[`evernote` not found]