公共交通機関の障害者割引制度

LINEで送る
[`evernote` not found]

先日お休みを頂き旅行に行ってきたわけですが、もちろん色々な出会いや経験がありキャッキャウフフと楽しいひと時を過ごさせて頂きましたよ。

今回は全盲のお友達も一緒で、お仕事での介助やガイド以外でガッツリと障害をお持ちの人と行動を共にすると、そこには全く想像もしていなかった景色が色々と見えてきましたよというのが今回のお話し。

それがタイトルにも書いた
「公共交通機関での障害者割引制度」というやつ。

障害者手帳をお持ちの人と介助者とが公共交通機関を利用する際に運賃の割引が受けられるという制度。
(手帳をお持ちの人、介助者それぞれが半額になる制度)
ココまでなら完全に理解はしていなくても、何となく知っているって人も多いんじゃないでしょうか?

じゃぁね、じゃぁね、障害者手帳をお持ちの人が1人で公共交通機関を利用した場合、さてどうなるか???
もちろん半額(割引をうけられる)って思いません???
わたくし恥ずかしながら胸を張って堂々と「そりゃ半額になるでしょうよ」と思っておりましたらね・・・

あくまで
・大阪市営バス
・大阪市営地下鉄
・JR西日本
・阪神電車
・阪急電車
しか調べてないんだけど、
・大阪市営地下鉄
・阪神電車
・阪急電車
は障害者手帳を所持している人の単独乗車については割引対象外で正規運賃が請求されるんだって。
(因に大阪市営バスは単独乗車でも割引適用、JR西日本は同じく単独乗車の場合は運行距離が100Kmを越えた場合は適用。)

これは恥ずかしながら知らなかった。

で、関西人気質丸出しで「ちょっ、それおかしない???」って素直に感じるままに質問させていただいたら、各電鉄会社で色々と教えて貰えて、色々な考え方や視点があるんだなって素直に反省。

特に大阪市営地下鉄御堂筋線の梅田駅では色々な資料を見せて頂き、それはそれは丁寧に説明してくださいましたよ。 

もちろん世の中には色々な考え方や意見があって、自分がそうであったように「それっておかしない?」という意見があれば、「いや駅員さん達の支援があれば1人で乗車できるのであれば」という逆の意見もあって当然。

ただ、素直に思ったんだけど全ての電鉄会社が同じ会社でもなく、ましてや国営ではないのは充分理解しているけど、国土交通省という監督省庁があるんだから、なんでこの制度を統一しないんだろ?

だってね、旅行って非日常の世界に旅する事じゃない?
って事は日頃使わない公共交通機関を使うって事だよね?
なのに、調べてみて実感したんだけど、「どこに聞けばいいのか?(相談窓口はどこなのか?)」がバラバラで、聞きたくてもドコで誰に聞いたらいいのかわかんない・・・

これってバリアフリー???

スイッチひとつで夜でも明るくなって、高性能な家電製品や美味しい食事を手軽に手にする事はできるけど、日本って国はまだまだ豊かな国とは言えないんじゃないかなってね。

くどいけれど、何も割引して当然とか、逆に何で割引適用になるの?とか、そんな事が言いたい訳じゃなくって。
当事者意識って凄く凄く大切なんじゃないかなってお話し。
そして肌で体感するってもっと大切ってお話し。

知らない事は恥ずかしい事じゃないと思います。
だけど、知ろうとしない事は哀しい事じゃないかなって思うのです。

皆さんの地域ではどうでしょう?

お時間のおる時にでも調べてみて頂ければ、ちょっと覗いてみて頂ければ、ちょっと興味を持って頂ければ。
こんなに嬉しい事はありません。

その時はぜひ教えて下さいね。

おしまい。

LINEで送る
[`evernote` not found]

七夕

LINEで送る
[`evernote` not found]

岡山中央センター高塚です

もうすぐ七夕ですね

今年は織姫様と彦星様は会うことが出来るでしょうか

皆さんは何をお願いしますか

 

七夕の短冊の願い事は本来裁縫や和歌や習字といった習い事の上達を願うものだったみたいですよ

「上手になりたい」ではなく「上手になる」といった、言い切ったほうが良いそうです

短冊の色ですが5色と決まっていたようですがこれは陰陽道において自然を表す「五行節」が由来とされています

五色それぞれに意味があり願い事の内容にあった短冊の色を選ぶとより願い事がかないやすいといわれています

緑(青)は人間性の向上に

赤は感謝の心に

黄色は信頼・人とのつながりを守るに

白は義務や規則を守るに

紫(黒)は学業の向上に

五色短冊も最近ではピンクや金銀、模様が入ったものなどいろいろとカラフルなものがあり従来の五色のもの少なくなっています

が特別な願い事は五色の短冊に、カラフルなものは織姫様に楽しんでいただけるよう飾りにしてはどうでしょうか

今年は、七夕を楽しみましょう

 

先月の岡山県産バナナ「もんげーバナナ」ですが

ついに

ついに

食べましたー

モンキーバナナに似た味でしっとりとしたあまーいバナナでした

皮を食べてみましたが

やっぱりむいたほうがおいしかったです

 

 

 

 

 

LINEで送る
[`evernote` not found]

福祉訪問理美容講習を受講するきっかけ

LINEで送る
[`evernote` not found]

高齢者の方などのカットをさせて頂くにあたり

知っていなければならない事がある。

鹿児島中央センターの前田です 😀
私が福祉訪問理美容講習を受講するキッカケは・・・・。
13年前に訪問理美容を夫婦2人で初めていました、

我流で試行錯誤を繰り返しながら3年ほど経ち

パートさんを2人ほどお願いするくらいの規模になった時、

病院、施設、個人宅など様々な場所に出入りしているのに、

病気や感染症、消毒などに対し、正しいと自信を持って言える様な知識が無かった。

その時に福祉訪問理美容師の講習会があることを知り

まず自分が受け「目からウロコが落ちる」とはこの事かと思いました。

このままでは利用者様、自分の家族やスタッフ、

スタッフの家族を守ってやれないと考え、まず自分が受けました。

決して安くはない受講料を払って講習を受けることに難色をしめす当時のスタッフも居ましたが、

スタッフも受けて安全性を高めることが正しい訪問理美容だと考え、

今ではスタッフ8人、みんなが正しい知識を持ち

安心安全にきれいを届けられる福祉訪問理美容師です。 🙂

LINEで送る
[`evernote` not found]