とある獣医さんが教えてくれた事。

LINEで送る
[`evernote` not found]

養成講座や勉強会の講師としてもですが、それ以外にももちろん福祉訪問理美容師として接客中に髪の毛の事や介助・支援についてのお話しをさせて頂く事はやはりよくあります。

そんな時の気付きというか、日頃気を付けている事はやっぱり色々とある訳でして。

やはり福祉理美容師として、色々と質問を頂くというのは『その道のプロ』として認めて頂けているという事だと思うのでやっぱり嬉しい訳です。

しかし、頂いた質問にお答えするときに専門用語を使い過ぎると、そもそもその言葉の意味が分からなかったりするので、分かりやすい言葉に置き換えたり、別の言葉で補足したり。

で、ついつい話し過ぎてしまう性格の自分としては、そんなつもりがなくても、相手を見下した様に伝わってしまわないように注意しています。

『えっ!?こんな事も知らないの?』
って伝わらないように。

『えっ!?こんな言葉すら、言い換えないと分からないの?』
って伝わらないように。

それは、何も言葉選びだけじゃなく、表情や仕草・間合いも含めて。

だって質問を受ける自分にとっては何度となく答えてきた事であっても、知りたいと心に感じた好奇心で質問をして頂いた相手にとっては、初めて知る事の扉を開けた瞬間な訳だから。

何で今更ながらに、こんな事を書いたかというと、新年早々我が家のアイドルであるフクロモモンガの《あられ》の体調が優れず、病院に駆け込む事態になりまして。

で、その時に有名な獣医さんが担当して下さったんだけど、悪意は無かったんだろうけれど、その時の対応というか言葉使いの1つ1つが怒りの琴線に触れまくりで、新年早々とても残念というか腹立たしい気分にして頂いたから。

この獣医さんは何の悪意もお持ちじゃない。

それは良く良くわかるんだけど、それがちっとも伝わらない。

その結果
『おい!コラ!ちょっと待て!』
になる訳で・・・

そんなこんなで、予定より遅れて行った初詣で、ちょっと自分の話し方というか接客中にお客さんや御家族さん・職員さんや看護師さん達に対して
『あの時のあの表現』や『あの時のあの言い方や言葉選び』
はプロとして相手を見下す事なく尊重して伝わっていたかなって振り返ってみたら、そこには反省しかなかったねっていうね。

伝える側の気持ち。
それを受け取る側の気持ち。
両方とっても大事な気持ち。

だからコミュニケーションって大切で。
だからコミュニケーションを学ぶって楽しい。

と、言うお話しであって、○○動物病院の医院長はブラックジャック気取りで技術はさておき人間としては最低なヤツとか、あんな動物病院に行ったらアカンとか、そんな事が言いたいのではありません。

専門的なお話しをする時は特に、よくよく注意しないと、そんな風に言われてしまう可能性もあるんですよねって、ある獣医さんが教えてくれたというお話しなのでした。

おしまい。

LINEで送る
[`evernote` not found]

新しい在宅

LINEで送る
[`evernote` not found]

新規の在宅予約が入りました。

初めてのお客様で、不安半分ドキドキ半分で向かいました。
すると、出てこられた方はお店に来て頂いていたお客様だったのです。
不安が安心に変わり、うれしい気持ちになりました。

ご主人の施術後、お茶を出してもらい奥様と話す時間がありました。

年齢から、動きが制限されてくるようになり、買い物も大変になってきたとの事。
近所に住む娘さんにお願いする事もあるそうですが、娘さんは気を遣って支払いもしてくれるそうです。
子供側の立場から考えるとやってあげたいという気持ち、わかります。
しかし奥様は、「頼み事をして迷惑をかけているのにさらに支払いまでしてもらって二重に迷惑をかけている。だから逆に頼みにくくなる」と言っていました。
そちら側の気持ちもわかります。

お互いが気を遣いすぎてしまうのですね。

「だから、こうやってお金を払って家にきてもらってカットしてくれるのは気兼ねがなくていいね。」

と言って頂けました。
とてもありがたいお言葉です!

少しでも誰かのお役に立っていると実感できた1日でした。

LINEで送る
[`evernote` not found]

頑固になるのも老化現象

LINEで送る
[`evernote` not found]

介護。が突然現実のものとなりました

わかっていると思っていたのですが、現実は結構厳しいものです

 

歳をとると人間丸くなるといいますが

いやいや逆にどんどん頑固になっていくんです

これも老化現象の1つらしいのです

歳をとると体のあちこちに老化現象が現れますよね

脳にも老化現象が現れ、自分の意見はぜったいに正しいといったり人の意見に耳をかさなく

なってしまうのです

老化現象だから仕方がないと思えば、イライラも弱まる?

家族だと、なかなか難しいですよね

しかし、家族を介護するということは上手に付き合っていかねばならない現実があります

そこで、自分をコントロールする方法をいろいろ考えました

そして頑固な高齢者と上手に付き合う方法あみだしました

ズバリ、「聞き流し」です

何を言われても聞き流す!が一番です

不真面目だと思われるかもしれませんが、これ結構楽になります

楽になれば、家族にもやさしくなれます

最近ではずいぶん上手になり、けんかも減りました

 

これからまだまだいろんな症状が出てくると思います

そのつど、言い方は変ですがサボり方を考えていこうと思います

皆さんよいサボり方がありましたら教えてください

 

 

 

 

 

LINEで送る
[`evernote` not found]