福祉訪問理美容はじめました。

LINEで送る
[`evernote` not found]

皆様、はじめまして。
今年、2月から『きれいや総研』の仲間入りをさせて頂きました。
『常滑センター』の吉川と申します。
まだまだ、未熟なので、色々教わりながら頑張っていきたいと思います。

この前、はじめての在宅のお客様を伺いました。

旦那様の体調が悪くなり、サロンにはこられなくなりました。
住所を聞き、近くまで行きましたが、お客様の家が見つかりません。
電話番号を聞いていたので電話をしましたが、出られず、電話をかけながら10分くらい探しました。
そして電話が繋がり、場所を教えてもらい無事、到着しました。
何故電話にでられなかったのか?
疑問に思ってました。
それは到着時間に合わせて、奥様が外で待っていただいていたそうです。
電話にでれない理由がわかりました。
今までサロンに夫婦で来ていただいてたお客様だったので緊張感は少しとけました。

お話ししながら施術をさせてもらいました。
年末から切ってなかったという事だったので、サッパリきれいになりました。
喜んで頂き、とても嬉しく思いました。

まだまだ少ないお客様ですが、一人ひとり喜んで頂けるように努力していきたいと思いますので、これからよろしくお願いします。

LINEで送る
[`evernote` not found]

黄砂は春の季語??

LINEで送る
[`evernote` not found]

いよいよ黄砂の季節がやってきましたね・・・

ふと、気がつくと黄砂=春の訪れ・・のような感じの季節感を

現在の日本人は持ってしまっているのでは??と思いますよね。

花粉症とかもそういった位置づけになっていたように思いますが、

今は一年中、花粉症と闘っている方が多いので、花粉症=春の季語というのは

成り立たないですよね。。

 

となれば、はやり新しい春の季語に加わるのはやはり”黄砂”では??

でも、春の訪れという明るい話題とは程遠い存在になってしまうのも事実。

062284

施設や在宅での訪問理美容を行っていると、ふと思うのが、ある程度の

年代の方は、花粉症を発症しているかたはが少なく、訪問している理美容師や

高齢者のご家族さんが花粉症というケースが多いですよね。・・・不思議な現象??

やはり、昔は環境も食べ物も良かったって事になるのかな・・・・・

 

私は、まだ花粉症を発症してはいないのですが、黄砂の風景を見ていると

『きっと、この空気が花粉症を呼び込むんだろうな・・・』って覚悟を決めているのも

事実・・・

流行を先取りしていくのも理美容業界の仕事の一つ・・・そう考えれば、花粉症の流行にも

早く乗らなければ・・・っていう変な理屈で受け入れ態勢を整えています・・・・

『どこからでも、かかって来なさい! 黄砂に花粉!!』

そのためには、今からでも空手とかで闘うすべを身に付けたほうがいいかな??

もちろん”通信教育”・・・・になりますが^^;

image04-1

 

LINEで送る
[`evernote` not found]

にんにく注射と花粉症

LINEで送る
[`evernote` not found]

今日は滋賀中央センターの久保がお届けします~

皆さんにんにく注射ってしたことありますか?

一時期芸能人やスポーツ選手に流行っていたような!

我が家には3人の子供がいますが、今年20歳になる長男に去年

にんにく注射打ちました。嫌がる息子を説得して。

 

なぜかというと大事な大学入試時期にひどい花粉症と重なったからです。

にんにく注射を打つとしばらく花粉症が緩和されるという事を聞き

滋賀で注射してるところを探しました。あまりやってるとこなかったんです。

料金は忘れましたがしばらくは花粉症の症状が軽くなったような。

しかし、打った日はかなりのにんにく臭でした(笑)

そのおかげもあってか、花粉症の影響も少なく受験しまして

無事に大学生になれました。

にんにく注射は疲労回復にも効果あるようです。

ここ一番頑張らないといけない時に

一本いっときます?

私ですか?   嫌です。

体全体からにんにく臭のする訪問美容師って嫌でしょう?(笑)

 

 

LINEで送る
[`evernote` not found]