突発性難聴を発症して・・・


つい先日、左の耳に違和感が・・・

違和感といっても
『まぁ、帰宅して耳かきでもしたら良いでしょう』
と、いった感じ。

なんだけど、帰宅して耳かきをしても
ゴソゴソならない。

なのに耳に水が入ったような
歯を噛み合わせた時に頭の中で音が反射するような
違和感は残ったまま。

その夜お風呂を上がってから就寝まで感じた
フワフワする感じも
『ちょっといつもより長風呂だったからかな?』
程度に思ってましたよ。

そのうち何とかなるでしょうと思ったんだけど
日頃から更新を楽しみにしている
コチラのブログに以前書かれていたコノ記事が脳裏を過った。
突発性難聴の発症から回復までの経過と、
 やったこと、考えたこと、お伝えしたいこと ~ 頭ん中 ~

まぁ、何かと花粉の時期とか関係なく
何かに反応して目や鼻がズクズクになったり
酷い時には頭痛もあるので、もし、何もなくても
この際アレルギー検査もしてもらえば良いかなって軽いノリで
だけど、ほんの少し不安もあったので翌朝大きめの耳鼻科へ。

結果的にも何も、コチラの記事にも書かれているように
様子を見ずに翌日大きめの耳鼻科を受診して正解でした。

症状はひとそれぞれ異なるみたいだけど
自分の場合、聴力検査をして左の低音を聞き取る聴力が
右に比べて著しく低下している事が解りました。

突発性難聴である事を告げられ
ステロイドの錠剤などの投薬で様子を見ましょうと。

で、自分の場合は何よりも
受診したのが発症からかなり早い段階だったので
今現在、時々小さな違和感は感じるものの症状は安定してきています。

もし、受診があと数日でも遅れてたら
この違和感を取り除く事はかなり難しくなっていたと告げられた時
その昔、音楽を生業にしようとしていた人間の1人として
もうホントに『ありがとう』と何度も何度も心の中で叫びましたよ。

これは先生からも言われた事だけど
本当に早く受診して良かった。
頭ん中】を読んでいて助かりました。
こころから、ありがとうございます。

で、発症した人間としては
【そもそもナゼ自分は突発性難聴になったのか?】
は単純に気になるというか
予防できるものなら予防するにこした事は無いので
聞いてみたら、
『詳しい原因は特定できないし
 確実な治療法も確立されていないけれども』
と、前置きをされたうえで

・睡眠不足や過労・ストレス

であると言われました。

まぁね、コッチとら
インフルエンザが猛威を奮って
訪問先の施設が面会等を中止されて仕事にならないというか
訪問先が一時的とはいえ年末から無いというか激減した訳で
その事情も説明した上で
『仕事が無いのがストレスなんですよね〜』
って言ったら、
『それをそれだけ笑顔で言えたら大丈夫ですよ♪』
と・・・

何でもオモシロ可笑しく表現するのも
時には考えようですね・・・

少し脇道にそれた感は否めませんが
そんなこんなで、現在に至ります。

で、本当に重複してくどくなりますが
耳に違和感を感じたら早急に大きめの耳鼻科に行きましょう。

間違いだって良いじゃない!

音が左右で遅れて聞こえてきたり
左の耳の奥が何だかモワモワしたり
あと個人的に、
左で電話対応しながら右手でメモをするという
日常的な基本的事務作業がその左耳の違和感から
本当にイライラして不自由を感じました。

あとね、
歯を噛み合わせた時に左耳の奥で
音が響くという違和感もあって
何かを食べるたびに、その音が左耳の奥で反響して
それが気になって食事がちっとも楽しく無い!

『ちょっと何だか、いつもの違うな』
っていうのは、体からの何かのメッセージ。

間違いだったからって
何がどうなる訳でもないんだから。

本当に突発性難聴って
書かれている様に『不安で不快』です。

同じ症状に悩んでいる人達が
1日でも早くその症状が治まる事を心から願います。


訪問理美容 新しい時代 新しい仕事・・・そして社会貢献


謹賀新年。

成人式も終わり、私たちには、ようやく新年を実感できる時ですね。

新年 最初のブログ投稿になります。田邊です。

65歳以上の高齢者が30%に近づき、新成人が全て平成生まれが当然の時代・・・

昭和生まれの私たちにとっては、どれも”新しい時代”ですよね。

理美容の仕事の在り方や形態も年々進化してきました。

当然、進化し、時代のニーズに合わせていかなければならないので、進化が当然なのですが・・・

 

訪問理美容という職業はまだまだ理美容業の枝・・・つまり、各理美容師の業務内容の中の

一つのメニュー・・・という認識が現実です。

訪問理美容という職業の”カテゴリー”を創設したいという想いできれいや総研は取り組んでいます。

3

理美容師という職業を目指しその先の選択肢として ”メイクアップアーティスト”

”ヘアーデザイナー” ”ブライダル” 等々の選択肢の中に”訪問理美容師”というカテゴリーが

存在し、業として成り立ち、プロとして業務に取り組む・・・そんな時代。

まさしく、そんな時代が訪問理美容業にとって”新しい時代” ”新しい仕事” ”新しい業務形態”

だと思います。

kyouiku1

昨年度から実施している”福祉訪問理美容師養成講座”を通じて、

沢山の理美容師さんたちと出会い、福祉の心を伝え、福祉訪問理美容師の輪を広げたいと

努力・精進していきますので!!

ホームページ等での”福祉訪問理美容師 養成講座”の告知を確認お願いします!!

全国に福祉訪問理美容師の輪を広げましょう!!

♯福祉美容

♯訪問美容

♯福祉美容講習

pixtahukushi1 (2)

 

 


祝!新成人


祝!新成人

あっ私ではないですよ 🙂
今週は20数年前に成人したばかりの鹿児島のまえだ担当です。

昨日は成人の日!
私の住んでいる鹿児島市は11日の日曜日に成人式典が、
さらに田舎の方では二日に式典を行ったところも

今ではハッピーマンデー制度で第2月曜日が成人の日ですが
2000年よりも前は1月15日がその日でした。
(少し若いお客様が知らない事にショックを受けました) 😯

理美容業というサービス業においては祝祭日は休みを頂きにくい!
自身の成人式はお店が休みの今では当たり前の月曜日だったので
店のみんなに迷惑をかけず休めた、
というか
堂々(成人式のため)と頂けたであろう1日分の休みを損した><
という小っちゃい心の新成人でした(笑)

多分今朝は二日酔い状態の目の下にヒツジ・・!?
の方がいっぱいいるでしょうね 😳

かごしま新年一発目のブログは軽~い感じで・・・

今年もよろしくお願いいたします。