心が通じ合えばカットも…


まだまだ残暑は厳しいですね~!!

今回は滋賀たかしまセンター山田が担当させて頂きます!!            お盆前に自閉症の子供さんのカットをさせて頂きました。             T君は元気な男の子(^_^)        T君のお母さんから、初めてカットのご予約を頂いたのは、二年程前になります。   「子供が自閉症で、店では危なくてカットが出来なくなり…家まできてもらえませんか?」     初めてお家でカットさせてもらった時、お父さんのお膝の上に座られ、後ろからお父さん、前からはお母さんが抑えて何とカットさせて頂きました。                  もちろん、途中で泣かれたり、カットを嫌がるような時にはもう、カットはその日はやめて、別の日に訪問しようと思ってました。                 耳周りを切る時が、両手で耳をおさえ、ハサミのカシャカシャする音が苦手そうだったので、T君が苦手な所は時間をかけずにカットしました。           途中で、立ち上がり、ウロウロしたりカット中何回か中断はしましたが、最後までカットする事が出来ました。       だんだん、カットする訪問が増えるにつれて、カット中、中断がなくなったり、お父さんの膝の上でカットする事が出来、今では、もう一人で椅子に座り、カットする事が出来ます!             だんだん、カットする時間も最初の頃より、短くなってきました。       カットが終わり、帰ろうとすると、   玄関まで見送って頂いて、バイバイしてくれるんです(*^-^*)           今でも、カット中、中断する事があっても、最後まで切らせてくれるだろうなあというのが実感出来る事がすごく嬉しいです。                  そして短くさっぱりしたT君を見ているお母さんの嬉しそうな笑顔を見ているとこちらまで嬉しくなります(^o^)        これからも、心が通じ合えるカットをしていきたいなあと思います。       この先、T君がサロンで散髪が出来るようになる日もきっと近いだろうなあと思うと、嬉しいような寂しいような気持ですが、そんな日がきたら、心から喜べる福祉美容師でありたいと思います。

 


低血糖の症状で…


毎日暑い日が続いてますが、今日から、子供達も夏休みです~♪

今回は滋賀たかしまセンターがお届けします!                   さて、冬は雪深い滋賀県高島市、夏は都会に比べると、涼しいのですが、今年の夏は暑いです~(>_<)

皆様、熱中症には気を付けて下さいね~!!わ私事の両親の話になるのですが、春に父が重症肺炎で入院し、2ヶ月ほど入院してました。                 退院する頃には肺は完治したのですが、他の腎臓の機能が悪くなり、今ではカリウム制限の食事療法をしなくてはいけなくなりました。               そして、父のお世話をしている母…時々、血糖値が下がり過ぎると、ぼ~っとしたり物忘れが激しくなったりで、母の体調も心配していました。         最近、突然、血糖値が下がる症状がいつもよりひどく、父が病院に救急で行くと、100以上ないといけない血糖値が半分ぐらいしかなく、検査入院になりました。

 

検査の結果、膵臓に良性の腫瘍が見つかりました。                膵臓の良性腫瘍の症状に低血糖や、意識障害がある事がわかり、最近の母の物忘れやぼ~っとしたりの症状が全部、原因がここにあったんだなあと、家族全員で驚いてました。                今まで全然親孝行出来てないので、少しでも帰れる時は、両親のそばに行って何か役にたてたらなあと、また弾丸帰省になりますが、親孝行してきます!        皆様、熱中症はもちろんですが、低血糖の症状にも奥が深いので、気を付けて下さいね~!!

 

 


自然治癒力を高める癒やしの手当て法


梅雨に入ったものの、雨があまり降らないですね~!仕事道具を運ぶのには、お天気が一番です(^^)

今回は、滋賀たかしまセンターが担当させて頂きます!

さて、皆さん、和みのヨガを体験された事はありますか?                                私は友人が和みのヨガのインストラクターをしてて、何度か体験させて頂きました。                  ヨガとは、また違って、身体の緊張した所や、痛い所などを緩める…自然治癒力を高める癒やしの手当て法なのです。                       ソロワークは自分の手で、緩めていき、ペアワークは、ペアの人をお互いに緩めていきます。               昔、お腹が痛かったり、けがをしたら、お父さんお母さん、もしくはおじいちゃんおばあちゃんが、「痛い痛いのとんでいけ~」と手をあててくれたり、さすってくれたりといった経験はありますよね?     手でさすってもらってるだけで、安心して痛みが和らいだなあという幼い頃の記憶があります。             手で行う手当てってすごいんだなあって思います。               和みのヨガではそんな手当てを頭から足まで行い、最後には身体がゆるゆるになってるのです。               身体が緩むと心も緩み、気持に余裕が出来るそうです。            指先にも手当て法があり、認知症予防になるそうです。             頑張り過ぎて身体がガチガチになっておられる病院の方や学校の先生方にも、和みのヨガの依頼があるみたいで、皆さん終わられたらゆるゆるのニコニコになられるそうです。                 普段頑張り過ぎて身体が堅くガチガチになっておられる方、時にはゆるゆるになるのもいいですよ~(^_^)