岡山中央の高塚です

2月18日、日本三大奇祭のひとつである裸祭りが行われました

厳冬の深夜に西大寺観音院の本堂御福窓から投下される2本の宝木

をめぐって、約一万人のまわしを締めた裸の男たちが激しい争奪戦を

繰り広げます

宝木を取った者は、福男と呼ばれ福を得られると言われています

生はだか祭りは、ものすごく強烈なインパクトで、ものすごく強烈な

パワーと感動を得ることができます

 

最近では海外からの参加者も多いそうです

はだか祭りに使用したまわしでを妊婦さんの腹帯に使うと安産になる

言われています

 


これ知ってますか? ○○リリースって


今シーズンは降りましたねー白い冷たいのが。

兵庫県も少し北へ行けば雪国、子ども達、スキー場は大喜び、私もちょっとテンション上がる。

昨年末から筋膜リリースっていうので体のメンテナンスをしています

訪問先の病院の元看護師さんが筋膜リリースを中心にした整体院を開業されたのでお世話になっています。

あ、お久しぶりの登場です。きれいや総研兵庫の中村です 😎

ほとんどの理美容師さんは肩こりや、腰痛などの体の痛み、不調をお持ちだと思います。

様々なメンテナンス方法があると思いますが、私は今、筋膜リリースでメンテナンスしています。

筋膜っていうのは第二の骨格ともいわれる程体を支える為に必要なもので、

「筋膜は構造の器官であり三次元空間では身体を正しく保つための機関である」

by~ロルフ博士~ (誰か知りません、きっと偉い人です 😯 )

最近はテレビや雑誌などでもよく紹介されています、肩こりにももちろん効果はありますが、

福祉訪問美容師である私も肩こり、首痛、背中痛、腰痛、足痛が慢性的にあります。

何より自分の体が曲がっている、歪んでいる事を自覚していました。

で、初めてお世話になってる先生に立ち姿だけ見られただけで、

「ガチャガチャやなーこりゃ!!」→「これは、相当体にガタがきていますよ!!」(全国用)

なんて言いながら全身の筋膜リリースとストレッチ、1時間ほどの施術を受けました。

施術が終わって立ち上がった時、衝撃でした。

自分の体が真っすぐになったのが一瞬で感じれたのです。しかも、体が柔らかくなってる。

前屈で床に手がつくなんて・・・。

たった1回の施術でこの効果、(相当悪かったからかも)初めのうちは期間を詰めてがんばって通ってみます。

最近まったく運動をしない私ですが、調子がいいのか無性に体を動かしたくなってます。

効果には個人差があるとは思いますが、私は単純な造りになってますので効果倍増です。

こんなメンテナンスの方法もありますという経験談でした。

とりあえず続けていこうと思いますので効果のほどをまた、報告できればと思います。

福祉訪問理美容師さん含めサロン勤務の理美容師さんも体が資本です。

ご自身にあったメンテナンス方法でご自愛くださいね:-)

 

きれいや総研兵庫 中村

 

 


10歳のありがとう


今年は、本当によく雪が降ります~!  皆さんの地域は大丈夫ですか?      今回は、滋賀たかしまセンターが担当させて頂きます。             さて、皆さんは二分の一成人式をご存知でしょうか?              二十歳をお祝いするのが成人式     十歳をお祝いするのが、 二分の一成人式なのです。              自分が十歳の時にはなかったので、初めて二分の一成人式の言葉を聞いた時はびっくりしました。            先週、二分の一成人式が行われる予定が、大雪のために来週に延期になったのです。長男の時もあり、二度目の二分の一成人式に出席します。            長男の時は、両親宛てに手紙を書いてくれていてそれを読んでいるだけで涙が出ました。                 今回は来週なのでどんな内容か、まだわかりませんが、娘からもらった二分の一成人式の招待状に、「10年間、育ててくれたお父さんお母さんに思いを伝えるので来て下さい」と書かれていて、その文章を読んだだけで涙が出そうなりました。      思えば、私が両親に感謝の気持ちを大きく伝えたのなんて、一番記憶にあるのは、お嫁に行く時でした。         「今まで大切に育ててくれてありがとう」と。                 なので、まだ10歳の我が子に感謝の気持を伝えてもらえるなんて、何て幸せな事なんだろうとつくづく感じました。     その二分の一成人式の時に歌われる「10歳のありがとう」という曲。       めちゃくちゃ感動します。        二分の一成人式を経験のない両親を含め、今、訪問理美容で、カットさせて頂いてる高齢者のお客様に是非聞いて頂いて昔の子育てをされていたあの頃を思い出し、微笑んで頂けたらなあと思いました。